Design Stock

デザインのアレコレ

  1. HOME
  2. レイアウト
  3. デザインの基本原則④:恐れず強い「コントラスト」でメリハリをつけよう

デザインの基本原則④:恐れず強い「コントラスト」でメリハリをつけよう

f:id:mtk-hcwj:20180311125333j:plain

こんにちはー

今日はデザインの基本原則

  1. 近接
  2. 整列
  3. 反復
  4. コントラスト

の最後、「コントラスト」に関する投稿です!

4つの基本原則の中で活かすのが最も難しいデザイン技法です。

なぜならコントラストはうまくいけば、制作物にメリハリやアクセント、リズムを作り出すことができますが、失敗すると要素同士の「衝突」が起こり、読み手を混乱させてしまうことにもなりかねないからです。

具体的にどういうことなのか、説明していきましょう!

コントラストって?

コントラストとは、ある要素と別の要素を対比させるデザイン技法のことです。

デザインでは、「強調したい内容」と「そうでない内容」を区別するために利用します。

デザインの目的に応じて適切に対比をさせることにより、メリハリがついて読み手に情報を正しく伝えることができます。

コントラストをつける4つの方法

コントラストをつける方法は主に以下の4つです。

f:id:mtk-hcwj:20180311124728j:plain

①文字の対比

文字の大きさで対比をさせることでメリハリのついたデザインになります。

②配色で対比

寒色や暖色など、配色効果を使って対比をさせます。

③余白で対比

余白の多い情報量の少ない部分と、余白が少ない情報量の多い部分を対比させます。

余白に関してはこちらをご覧ください。

www.design-stock.jp

④図と文章で対比

図を見せる部分と、文章を対比させてメリハリをつけます。

効果を高めるには?

f:id:mtk-hcwj:20180302193753j:plain

上の名刺を

f:id:mtk-hcwj:20180302193727j:plain

このようにコントラストをつけることで印象に残りやすい名刺に変わります。

コントラストをつけるときは、強調したい要素を明確にすることが大切です。つまり情報整理の段階で、読み手に最も伝えたいことは何かを把握する必要があります。

また、強調させる要素が決まったら恐れずダイナミックに差をつけてください。

強調したい要素がはっきりとしないまま、あらゆる要素の大きさを同じにしてしまうと要素同士が「衝突」してしまいます。すると、

「何を伝えたいんだろう?」

「自分は何をすればいいのだろう?」

と制作者の意図が読み手に伝わらず、単なるミスやズレと受け取られてしまう可能性があるのです。

コントラストでは本気になりましょう!

最後に

いかがでしたでしょうか?

効果的なコントラストは読み手を一気に惹きつける可能性がある一方、誤ったコントラストは読み手に違和感を感じさせ、意図を伝えることができないで終わる可能性もあります。

チラシを例にすると、コントラストのつけたデザインとつけなかったデザインで反応率が大きく変わってしまうこともあるでしょう。

しかし、コントラストをつける要素が決まったら恐れないようにしましょう。

大胆に強く対比させることで、やっと効果が発揮されます。

ぜひ、今までにご紹介した基本原則3つとコントラストを活用して、

一歩進んだデザインを作り上げましょう!