Design Stock

デザインのアレコレ

  1. HOME
  2. タイポグラフィ
  3. 数字フォントを選ぶ時のコツ | 定番フォントの数字デザインを比較してみた

数字フォントを選ぶ時のコツ | 定番フォントの数字デザインを比較してみた

数字デザイン 画像

資料作成やバナー、チラシなどのデザイン制作で何かと使うことが多い数字フォント。
できるだけ見栄えのいい、美しいデザインのフォントを使いたいと思っているデザイナーの方は多いはずだ。

細部にこだわることで、デザインの印象は大きく変わることがある。
プレゼンでは、わかりやすく見やすい資料を作り、読み手を引き込むことができれば、より強く聴衆にアピールすることもできるだろう。

今回は、数字フォントを選ぶ時に注意すべきポイントと、それらのポイントを押さえた定番フォントの数字デザインを一覧してみる。

 

数字フォントを選ぶ時に注意すべきポイント

ポイント

数字だけに限らず、フォントを選ぶ際は読み手にとってわかりやすい(見やすい)どうかを意識することが大切だ。
今回は数字フォントに絞って、選ぶ時にどんなことに注意すべきかを2つポイントを紹介する。

 

基本は「等幅ライニング数字」

等幅ライニング数字とはどんな数字のことを指すのか?
それを理解するために、まずは等幅フォントとプロポーショナルフォントの違いを押さえておこう。

等幅フォントとプロポーショナルフォント

等幅フォントとは「すべての文字の幅が同じフォント」のことを指す。
一方、プロポーショナルフォントとは「文字によって幅が違うフォント」のことだ。

上の図を見てわかる通り、左右に赤いラインを引いて比較してみると、等幅フォントでは揃っているが、プロポーショナルフォントではズレている。

数字は表組みなどで桁を揃えることがあるため、基本的には等幅フォントを使い、カーニング(文字詰め)によって見た目を都度調整するようにしよう。

 

※ Illustratorなどのデザインツールでは、「フォント名 Pro(プロポーショナルを指す)」と書かれていても基本的に数字デザインはデフォルトで等幅になっている。なので、等幅になっているかそこまで神経質になって調べる必要はないだろう。OpenTypeウィンドウでわざと数字デザインを変更してプロポーショナルになるのは、管理人が調べたところ以下の3つ程であった。

  • Myriad Pro
  • Adobe Garamond Pro
  • Minion Pro

 

次に、ライニングとオールドスタイルの違いだ。

ライニング数字とは「ベースラインと文字の高さが揃っている数字」のことを指す。
一方、オールドスタイル数字は数字ごとの高さが揃っておらずガタガタとした印象を受ける。

可読性・視認性を考えて数字フォントを選ぶ時は上の2点を押さえた、「等幅ライニング数字」を選ぶようにしよう。

 

見やすいデザインのフォントを選ぶ

見づらい数字デザインの例

制作物の目的にもよるが、「見やすいフォントを選ぶ」のが基本原則だ。

スクリプト体やデコラティブ体は個性的であるため強い印象を与えることができるものの、視認性や可読性が落ちてしまうので、読み手にしっかりと理解してほしい場合は基本的に使わないようにしよう。

また、フォントの種類によっては特定の記号が収録されていない場合もあるので注意する。

 

おすすめの数字フォント5選

おすすめの数字フォント

それでは、先ほど挙げたポイントを押さえたおすすめの定番フォントを5つ紹介する。
イメージ広告などで使われることが多い、電話番号のデザインを例に各フォントを比べてみる。
(※電話はかからないのでご安心を。)

 

游明朝体

游明朝体の数字デザイン

デザインソフトにデフォルトでよくインストールされている有名なフォント「游明朝体」。
セリフがついていて可視性が高いデザインになっている。

全体的に高級感や和風な印象のあるデザインであれば、セリフがつく数字フォントを選ぶのもいいだろう。

 

Arial

Arialの数字デザイン

こちらもよく知られている有名なフォント「Arial」の数字デザイン。
管理人は電話番号のデザインでArialをよく使用している。視認性、可読性ともに優れていて見やすい。

 

Avenir

Avenirの数字デザイン

サンセリフ体の有名フォント「Avenir」。こちらもよく見かけるため退屈と感じる人もいるかもしれないが、どんなシチュエーションでも使えるスタイルになっているのでおすすめ。

 

Futura

Futuraの数字デザイン

こちらもよく利用されているサンセリフ体の一つ。斜めにスラッシュを引いたような4のデザインが特徴的で、かっこいい。見やすく読みやすい、使い勝手のいいスタイルになっている。

 

Helvetica Naue

ヘルベチカの数字デザイン

サンセリフの王道「Helvetica Naue」の数字デザイン。Mediumサイズでもそこそこエレメントが太くなっている。上の4つと比べると少し横に広いスタイルになっている。どんなシチュエーションでも利用できるだろう。

 

数字デザイン 一覧

数字デザインの一覧表

もっと多くのフォントを見比べたいという方は以下のサイトがおすすめ
※Windows付属の和文フォントのみ

フォント一覧比較表示(数字)