Design Stock

デザインのアレコレ

  1. HOME
  2. レイアウト
  3. チラシやWebサイト制作に役立つ情報整理のコツ

チラシやWebサイト制作に役立つ情報整理のコツ

チラシやWebサイトのレイアウトを決める前に大切な作業があります。

それは掲載するコンテンツを考えて情報を整理することです。

「よし、早速制作に取り掛かるぞー!」

と意気込んでも、何を制作物に載せるのかが決まってないと作業を始めることができませんよね。

チラシやWebサイトに限らず、制作物を作るときは必ず何かしら達成したい目的があります。

その目的を達成するためにはどのような情報を載せればいいのか、

をしっかり考える必要があります。

では、一体どのような手順で情報を整理していけばいいのでしょうか?

今回は実際の手順に沿って情報整理のコツについてご紹介したいと思います!

 

コンセプト設計

制作物を作ることが決まったら、まずは作る目的とターゲットを明確にします。

できれば、この作業と一緒にコンセプトも決めてしまうと後工程に一貫性を持たせることができてラクです。

今回はネイルサロンのチラシ作成を例にとって説明したいと思います!

※受注仕事の場合、デザイナーはクライアントからしっかりヒアリングをする必要があります。また、情報整理と一緒に写真や画像など必要な素材を伝え、受け取りましょう。

目的

お洒落好きのママさんに向けて、プライベートネイルサロンを紹介するチラシを作成して、新規顧客獲得に繋げたい

頭の中で漠然と考えたことを言葉にして整理します。

この作業を怠ると、制作物の方向性がブレてしまい良い結果を生み出すことができません。できれば紙に書き出してみましょう。

すると、情報の優先順位を決めることができ、強調すべき情報とそうではない情報を明確に区別することができます。

ターゲット

  • 30代主婦
  • 幼稚園に通う息子と1歳の娘がおり、育休中
  • 美意識が高く、きれい好き
  • 子育てなどで疲れがたまっている
  • リフレッシュしたい、癒されたい

ターゲットはできるだけ具体的に設定します。

ペルソナ法という典型的なユーザーを想像し定義する手法もあるので、興味のある方は調べてみてください。

ターゲットを設定するとともに、そのターゲットが日頃どのような不満を抱えているのか、ニーズは何かまで掘り下げられると理想的です。

コンセプト

「リラクゼーション」

「ネイルアートで大人女性の美しさを実現し、毎日がちょっとだけ楽しくなる」

コンセプトとは”全体の元となる大まかな考え方”のことです。

デザインの核となるイメージのことですね。

「ゆったりした」「癒される」「清潔な」といったイメージワードを用いても良いでしょう。

複数人でデザインをするときは、一貫性を持たせるためにしっかりと共有しておく必要があります。

ブレイン・ストーミング

f:id:mtk-hcwj:20180207102626p:plain

目的とターゲットを明確にしたら、次にブレイン・ストーミング(ブレスト)をしてコンテンツを洗い出します。

この時に重要なのは、ターゲットのお客さんになりきって、自分がお客さんだったらどんな情報がほしいのかを徹底的に考えることです。

通常は複数人で行った方が様々なアイデアが生まれて良いのですが、1人でやっても問題ありません!

ルールは簡単です。

  • 思いついたことを全て書き出す
  • 1項目は20文字以内
  • 自由な意見を歓迎する
  • 関係ないと思われる項目も排除しない
  • できるだけ多くのアイデアをだす
  • 取材で入手した情報も可

僕はXMindというマインドマップツールを使って1人ブレストをしています。

無料でダウンロードすることができるので、皆さんもぜひ使ってみてください!

カード・ソーティング

f:id:mtk-hcwj:20180207102902p:plain

最後に、ブレストをして出た情報をカードソーティングで分類します。

プロジェクトなどでよく目にするのは、みんなが付箋に思いついた項目を書いていき、共通する情報をまとめる手法です。

こちらも先ほど僕が紹介したXMindで行えるので、上に載せた画像を参考に分類してみてください!

最後に

今日はデザイン制作に入る前にすべき、重要な情報整理術について説明しました!

ブレストをするときは1人でやると抜け漏れが発生することもあるので、友人や家族に協力してもらった方がいいかもしれません。

カード・ソーティングが終わったら、できれば情報の優先順位を決めると理想的です。そうすれば、デザインでどこを強調するのかが明確になります!

今日はここまで

バイバーイ