Design Stock

デザインのアレコレ

  1. HOME
  2. 写真・画像
  3. ブランディングに使える!モンタージュ理論とクレショフ効果って?

ブランディングに使える!モンタージュ理論とクレショフ効果って?

こんばんは〜

今日は写真・画像に関する投稿です!

突然ですがみなさん、周りがみる自分のイメージをコントロールしたいと思ったことはありませんか?

インスタとかでは、子犬を抱えた写真をアップしたり、かわいいスイーツと一緒に撮った写真をアップする女の子いますよね?

あれ、実は無意識に「クレショフ効果」って技法を使ってるんです。

人間の心理変化を利用して、自分のイメージアップを図ろうとしているんですね。

(表現の仕方悪っw)

この技法はデザイン制作においても十分活用できるので、

今日は「モンタージュ理論」と「クレショフ効果」について説明したいと思います!

 

モンタージュ理論って?

モンタージュ理論とは、「写真同士の関係性で状況を暗示させる方法」のことです。

簡単に言うと、

「写真の組み合わせやサイズ、配置方法を工夫することで新たな意味を生み出すこと」

ができるんですね。

モンタージュ(Montage)とは「組み立てる」を意味するフランス語の「Monter」から来ていて、

もともとは映像の編集技術に使われていた技法なんですね。

ホラー映画なんかではよく

①シャワーを浴びている女性の後ろ姿

②ナイフを持った手元のカット

③女性が叫び声をあげている顔のアップ

などを入れて、視聴者に何が起こったのかを想像させますよね。

f:id:mtk-hcwj:20180210095407j:plain

クレショフ効果って?

先ほどのモンタージュ理論を、いくつかの実験によって証明した人がいます。

それが、旧ソビエト連邦の映画作家レフ・クレショフです。

クレショフによって証明されたので「クレショフ効果」と名付けられています。

実際の映像がこちら↓

www.youtube.com

クレショフは、3つの異なるカットの次に、無表情の俳優のカットを被験者グループに見せて、それぞれどのような印象を受けるのかを実験しました。

カットの順に、

①スープの入った皿→俳優

②棺に入った少女→俳優

③ソファに横たわる美女→俳優

となっています。

どれも後に流れる俳優の表情は同じなのに、なぜか①は「飢え」を、②は「悲観」を、③は「欲望」を感じませんか?

デザインでの応用術

では、デザインにはどのように活用することができるのでしょうか?

例えば、Webサイトのトップページをデザインする場合、

メインビジュアルに使う写真の組み合わせを工夫することによって、閲覧者が受け取る印象をコントロールすることができます。

女性用のシャンプーを紹介するWebサイトの場合、

結びつけたいイメージと一緒に写真の組み合わせを決定します。

以下の写真をみてください。

f:id:mtk-hcwj:20180209235622j:plain
出典:https://swingroot.com/kuleshov-effect

こちらは「草原」や「フルーツ」といった写真と組み合わせています。

爽やかさや新鮮さが感じられ、何かフルーツのいい香りがしそうですよね。

f:id:mtk-hcwj:20180209235850j:plain
出典:https://swingroot.com/kuleshov-effect

一方、こちらの写真は「美しい女性」とシャンプーを組み合わせています。

先ほどの写真とは異なり、何か上品で優美な印象を受けますよね。

最後に

今日は、ブランディングに活用できる「モンタージュ理論」と「クレショフ効果」についてご紹介しました!

自分が印象付けたいイメージに合う写真と組み合わせて、

みなさんもぜひインスタグラムなどで実践してみてください!